電子レンジ加熱時間:失敗の防ぎ方

実際の量に合わせて、加熱時間を調整しないと、パサパサになってしいますので、ボリュームランキングと共に内容量の実際を調べてみましたところ、結構違いが有りました。

そこで最初は、内容量が少し少ないものと考えて、表示ラベルの(W数別表示時間の)最低時間より、1分~1分30秒少なく加熱した方が良いです。また、電子レンジの機種によって差がありますので、まずはこの方法で加熱することをお勧めします。

また、下の画像のように、電子レンジの扉のガラスに水滴が付いた時には、そこで止めるか、それより前で止めてください。

レンジ内
レンジの内側、扉を開いたところです。

ここまで加熱すると、ギリギリです。少しパサパサになってしまうかもしれません。

noshナッシュ内容量

noshナッシュのメニューを実際に測って内容量順に並べています。

現在のところ20種のみでのランキング上位です。他にもたくさんメニューがあり、これよりボリュームが有る物があるかもしれません。また、実際の計量での順位ですので換わる場合もあります。大体の参考にしてください。

No.メニュー内容量g(計量)内容量g(ラベル)
1チキンのトマトチーズがけ
レビュー
2912901
2タンドリーチキン
レビュー
287325-38
3味噌煮込みハンバーグ
282310-28
4ロールキャベツのトマト煮込み
レビュー
259290-32
5ヤンニョムチキン
レビュー
25824018
6ハンバーグと温野菜のデミ
レビュー
253310-57
7焼き鳥の柚子胡椒
252255-3
8鮭の南蛮漬け
レビュー
246260-14
9チリハンバーグステーキ
レビュー
246270-24
10大豆ハンバーグとサコタッシュ
234250-16
11塩糀(塩こうじ)鯖の和プレート
レビュー
22621016
12白身魚の野菜あんかけ
219255-36
13バッファローチキン
レビュー
217270-53
14えびのチリソース煮

★★★★レビュー
217255-38
15彩り酢豚
レビュー
216230-14

内容量:ラベル表示と実際

第2回のnoshの感想・口コミ「牛肉と野菜のXO醤炒め」で、ラベルの表示されている内容量と実際の内容量が大分違う物があることが分かりました。

上の表に2列と差が表示されているのがそのところです。

※ただし、これはそれぞれのレビューを見て頂ければわかるように、必ずしも満足度とは一致してないです。

実際の内容量が、少ない物ばかりかと思いきや「チキンのトマトチーズがけ」や「ヤンニョムチキン」は多くなっていますので、予想ではありますが、人による目分量やひとつまみの量の違いが出ていると思います。

※noshに限らず多くのお弁当工場の製造工程では、盛り合わせは、人による流れ作業で行われます。

それによって、少なくなってしまったのは、目をつぶるとして(本来はもっと個々に差が無いようにしていただきたいですが…現在注文が殺到していて大変なようです。)実際の量に合わせて、加熱時間を調整しないと、パサパサになってしいます。

実際、他のメニューでも、高評価の中に突然パサパサになって美味しくなかったという低評価のレビューがあります。

まとめ

上のような水蒸気・水滴を見るか、実際食材の具合を見て、追加30秒~加熱すると良いです。

一番大きなお肉の一番厚いところにお箸を指して2秒ほどで抜いて冷たくないかを確認すると良いです。肉の中心が冷たい場合は、まだ1分くらい加熱して大丈夫ですよ!

少し面倒でも、一回様子を見るのが一番成功に近づきます。すぐに慣れます。

電子レンジ加熱で失敗すると、美味しさが半減ですので、ぜひお気を付けください。

nosh申し込みは、こちらのページへ➡宅配食ナッシュ申し込み方法2つの流れ,nosh Clubとは?