常温弁当と冷凍弁当の違い:高齢者向け配食サービスや事業所向け仕出し弁当?まごころ弁当・楽らく弁当・シンプルミール

ロゴ
楽らく弁当ロゴ

高齢者向け配食サービスまごころ弁当・配食のふれ愛や、オフィス・事業所向けの楽らく弁当をご存じですか?

全国580か所以上の店舗から車やバイクで配達していますので、見たことがある方も多いと思います。

どちらも運営をしている会社は、シルバーライフという一部上場の会社です。

このページでは、高齢者向け配食サービスや、オフィス・事業所向けの仕出し弁当と、冷凍宅配弁当の違いを解説しています。

まごころ弁当

まごころ弁当は、安否確認もあり担当者が付く地域密着型で毎食自社配送お届けの1食345円からあるサービスですが、345円の弁当(下の写真、別ページの一覧表にもあります。)は、高齢者向けで量も少ないです。

まごころメニュー

また、担当者と面接によって健康状態などを見て量と頻度を決めるということですし、店舗によって価格も変わるということです。

つまりは、担当者による自社配送システムは、私たちが考えているものとはちょっと違って高齢者の安否確認の要素が強いと思いますがいかがでしょう。

このサービスのページに行くには、こちらから行けます。

公式ページに行ったら、右上のメニューを表示し、運営企業のページをご覧ください。➡一番上に、お弁当:ご自宅と表示されていますので、ご自宅をタップ・クリックしてプルダウンしてください。

まごころ弁当のロゴが出てきますので、タップ・クリックしてください、ページへ行きます。

楽らく弁当

次に、オフィス・事業所向けの楽らく弁当は、会社で毎日頂いている方も多いのでは!

いわゆる仕出し弁当で、大体1食450円くらいでボリュームたっぷり午後の仕事のエネルギーです。

仕出し弁当ごはん

これが、個人でも注文出来れば良いのにとお思いの方も多いと思います。

しかしこれを注文するには、会社と違って個人だから数量もまとまらないですし、試しに頼んでみたり、今日は要るとか要らないとかというような使い方をするのは、ちょっと気が引けますよね!ずっと注文するつもりであればまだしもなかなか呼びづらいですね!

どちらも、ごはん付きでこの価格はとても安いのですが、安定して購入を続けてくれる販売先と地域密着で狭い範囲に多くを購入してくれる効率のいい配送があってこそ出来る価格なのです。よっぽど担当者に気う使わないとならなそうです。

つまり、1個で送ってもらっていてはとても出来ない価格なわけです。

このサービスのページに行くには、こちらから行けます。

公式ページに行ったら、右上のメニューを表示し、運営企業のページをご覧ください。➡一番上に、お弁当:ご自宅、オフィス、施設、お子様と表示されていますので、オフィスをタップ・クリックしてプルダウンしてください。

楽らく弁当のロゴが出てきますので、タップ・クリックしてください、ページへ行きます。

冷凍弁当「まごころケア食」

そこで、私たちが気兼ねなくどちらにも負担がなく購入できるのが冷凍弁当なのです。

上記の両方のお弁当の運営をしているシルバーライフが出している冷凍宅配弁当が「まごころケア食」です。

29_4塩分制限食
calory

さすが、このような価格でやっているだけあって冷凍弁当も安いです。

そして、ヨシケイもワタミもそうですが、自社配送で毎日お届けの高齢者向け常温弁当をやりながら、冷凍宅配弁当をやっているところはどこも美味しいと評判です。

冷凍弁当なら、宅配便での配送ですので気軽に頼めます!

まごころケア食」につきましては、詳細から購入方法まで説明していますので、こちらのページをご覧ください。

(参考)公式ページへは、こちらから行けます。

まとめ

ヨシケイもワタミもそうですが、自社配送で毎日お届けの高齢者向け常温弁当をやりながら、冷凍宅配弁当をやっているところはどこも美味しいと評判です。

ただどうしても、まごころ弁当やヨシケイのシンプルミール(別ページ参照)などは、一見安く見えたとしても、高齢者向けで量が少なかったりして価格それなりのものになっています。また、担当者と毎日顔を合わせるうちに、そればかりを注文していられなくなるでしょうし…その辺も踏まえて注文出来ればとても良いかもしれませんね。

やはり、気兼ねなくできるのが冷凍弁当の良いところですので、配送料など多少の価格は考えないとなりませんね!それでも、「まごころケア食」については、かなり安いと思います。

まごころケア食」につきましては、詳細から購入方法まで説明していますので、こちらのページをご覧ください。

その他、こちらのページに比較表がありますのでご覧ください。